東方迷幻誘

東方迷幻誘のサークルブログであり、総領のプログラミング話置き場的な所

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はいどうも総領です。大変暫くぶりですが東方弾幕風の新作を発表させていただきます

作品名「迷走のEX紅魔郷ver2」

もしくは「虚幻の紅魔郷 with 迷走のEX紅魔郷」となります。

ダウンロードはこちら

説明書はこちら(ダウンロードされるデータに同じ物が含まれています)

また、新作公開に伴い弾幕風配布スクリプトページの方も更新させていただきました。そちらにもリンク及び説明書へのリンクが張ってあります。

では、改めまして作品の説明です。

今回の作品は元々イベントでの頒布のみで始まった作品なので、イベントで既に過去のバージョンを遊ばれた方もいらっしゃるとは思いますが、この場で改めて説明させていただきます。

この作品の最大の特徴は何と言っても、東方弾幕風の画面をフルに使ったタイトル画面にあります!
以下の画像はこの作品内のプレイ画像になります。

・スペルプラクティス選択画面
画面1

・オプション画面
画面2

・リザルト画面
画面3

・ミュージックルーム画面
画面4

・本編(ステージ)プレイ中の画面
画面5

このように今までのようなDrawText関数を用いた文字描画では無く、エフェクトオブジェクトを用いた画像によってタイトル画面を構成しています。この結果大量の画像ととてつもないほどのプログラムを使う羽目になったのは言うまでも有りません。

現状まだ0.01のために未完成ですが、これでもメインのスクリプト(ステージスクリプト)だけで250KBを超えています。

さて、搭載内容についてですが

ステージとして、EX難易度を想定したステージがあります。
またEX中ボスとEXボスがそれぞれいます。中ボスは1度に全ては出してきませんが合計12種類のスペルカードが、ボスは本家に従って通常弾幕8つと10種類のスペルカードがあります。

東方弾幕風からはこれらのスクリプトは直接再生することはできませんが、タイトル画面にあるスペルプラクティスからいつでも遊ぶことが出来ます(ただし、スペルプラクティスの仕様は東方永夜抄と同じルールです。ただ、本編で一度も挑戦していなくても挑戦できます)。

こんな作品となっていますが、是非ともダウンロードして遊んでいただければ幸いです。

なお、起動時にお使いのパソコンによってはブルースクリーンになってしまうバグがありますが、この解決法については既に以前のバージョンで匙を投げているため、誠に申し訳ありませんが対応できません。

参考になるか分かりませんが、このスクリプトを起動するとメモリ使用量が約180MB常時使用されます。

それでは今日はこの辺りで。

ではでは
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kusamine.blog105.fc2.com/tb.php/903-5e187d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。